アビポメ庵

猫犬同居生活。アビシニアンとポメラニアン。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬超(孟起)という人

我が愛猫孟起王子は、本日で5か月になりました。
元気ですくすく育っておくれ。

三国志に興味がない方は、孟起の名の由来である馬超を知りません。
三国志知らなくても曹操や劉備、関羽や諸葛亮なら知ってるけど~って声も…。
それで、馬超さんがどんな人か、ちょっと自分でも整理してみよう。

正史 三国志の蜀書によると、222年に47歳で亡くなったとあるので
176年生まれでしょうか。(数え年齢だとそうですよね…?)
扶風郡茂陵県の人で西涼太守の馬騰の長男。地図を見ると、中国の北西の方です。
父、弟などを曹操に殺された馬超は兵を挙げ、曹操に対抗。
結局は曹操に破れ、最終的には劉備の元にやってきます。
その頃、劉備は益州の蜀を攻めていて、馬超が来たと知ると
馬超が来たなら、私は益州を手に入れたと喜んだとのこと。
馬超の到着後、たっだ10日にして蜀の成都は陥落し、劉備のものとなりました。
それだけ、馬超さんの名は天下に轟いてたのでしょう。
劉備の元で左将軍、驃騎将軍と昇進、涼州の牧(長官)を兼任、爵位も受ける。
驃騎将軍とは、通常ある武官の地位では最高位。
この上には大将軍があるが、これは常に置かれているわけではないそうです。
関羽伝を見ると、馬超が劉備の元に加わった時、
荊州でお留守番してた関羽は、馬超の実力が気になって
孔明さんにお伺いの手紙を出しているようです。
孔明は「馬超は文武の才を兼ね備え、武勇は人並みはずれ、一代の傑物~」って
言ってます。
馬超は自分の一族は皆曹操の手にかかって、従弟の馬岱だけしか残ってないから、
くれぐれも馬岱のことをよろしくと言って世を去ります。
正史だけ見るとあっさりとしてますが、演義では活躍してくれてます。
潼関で、曹操をあと一歩まで追いつめてカッコイイのです。
「生まれつき白粉を塗ったように色白、唇は紅をさしたようであり、腰は細く、肩は広く、声は雄々しく、力に溢れ勇猛そのもの」(井波律子訳、三国志演義より)
といった容貌。
そのまま想像すると、想像力の乏しい私にはほんのりキモく感じてしまいますが
まぁ格好よいのです。きっと。曹操だって、これは素晴らしいと思ってるんだから。
なんて、興味のない方にははなはだツマラナイことを長々と失礼しました。


ちなみに、うちの孟起さんは……
hukuro.jpg
ビニール袋に潜り込んで、
取っ手の穴から顔を出して、そのまま抜けなくなるような
間抜けな王子様です……。
スポンサーサイト

Comment

「錦馬超」存在自体がかっこいいですよね~。
私も馬超大好きです。(馬岱も好き)

孟起くんは、りりしくて高貴な感じで、すごく名前ぴったりだな~と思います。
ちなみに我が家にもし4匹目が来たら「文遠」になります。魏びいきなので・・・ウフ。
  • posted by rotc
  • URL
  • 2005.12/14 15:01分
  • [Edit]

> rotcさん

馬超は、何だかとっても大好きなのですよ。
名前合ってますか?
三国志知ってる方からは皆、合ってると言ってもらえて嬉しいのですv-290
おお、張遼殿ですか!
私も大好きですよ~。
  • posted by 真芽
  • URL
  • 2005.12/14 19:02分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

真芽(まめ)

Author:真芽(まめ)
アビの恋人、ポメの姉
という位置づけ(のはず)
酒と本と絵が好きな30代

アビポメ紹介


孟起(もうき)
2005年7月11日生 元♂
お風呂大好き
ドライヤー大嫌い
男前なお兄ちゃん

*********


風(ふぅ)
2006年11月15日生 ♂
趣味も特技も
人間の鼻の穴舐め
天真爛漫な弟

最近の記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

交流場

お絵描きチャットです。
開催する時は告知します。

Link



Nyahoo!JAPAN



素材
tora☆7kg
 

ブログ内検索

カウンター

今日 昨日

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。